給料を上げるか、副業で上積みするか。

RIMです。

今回は、サラリーマンは給料を上げるために努力するべきか、副業を始めて収入を増やすことに取り組むべきかについてお話したいと思います。

 

こんなにがんばってるのに、今年の年次昇給はたったの2,000円・・・

年収だったら24,000円UP・・・

こんなのやってられないと思うのが普通と思います。

しかしながら、収入を上げるために仕事のあとに勉強して資格を取ったり、TOIECの点数を上げたり、少しでも昇給につながるような努力をしたとしても、残念ながらほとんど給料は上がりません。

 

であれば、、、給料を上げる努力をするよりも、自分で副業を始めて収入を増やすことを考えてみるべきだと思うのです。

 

収入を10,000円上げるのと、副業で毎月10,000円稼げるようになること、どちらを目指すべきかと言うと、圧倒的に副業で稼ぐことを目指すべきです。

なぜかというと、副業で毎月10,000円稼げるようになったら、その後に30,000円→50,000円→100,000円とステップアップしていくことは、意外と難しくないからです。

 

一番難しい事は、0円→10,000円まで稼げるようになる所です。

よく、0→1が一番大変とか、車も止まっているところから動き出すところが一番燃費を喰う、などと表現されていますが、確かにこれは事実ではあります。

しかしながら、サラリーマンとしての収入を10,000円上げる労力とそのリターン、副業で10,000円稼ぐことの労力とそのリターンを天秤にかけると、やはり副業で稼ぐことを目指すべきだと思うのです。

なぜなら、0→1を突破したあとのステップアップの容易さや、「自分でお金を稼ぐ力」を身につけることであなたの自信につながり、副業を通じてあなたの生涯収入を飛躍的に向上させてくれるからです。

 

500時間勉強した簿記1級=5,000円/月

これは、とある会社の求人広告を引用したものです。

簿記1級に合格するには500時間以上の勉強時間が必要と言われていますが、その簿記1級を持っていると、5,000円/月の収入UPが可能と言う求人です。

今の仕事が終わったあと、寝るまでのフリーな時間が3時間あったとして、平日で3時間×5日=15時間、土日両方8時間勉強するとして16時間、1週間で31時間の勉強時間を確保したとしても、16週間(4ヶ月)の時間が必要なようです。

しかしながら、4ヶ月で500時間勉強するということは、相当ストイックに取り組めないと難しいと思うのです。

 

もし、この500時間を副業で稼ぐことに向けていた場合、よほどやり方を間違えていない限り、5,000円/月稼ぐことは可能であり、容易いことであると思うのです。

 

例えば、物販(転売)であったら、Amazonのタイムセールで30%引きで購入した商品を、タイムセール終了後に元の値段で再びAmazonで販売したり、ヤフオクとメルカリで同じ商品の相場を調べて安い方で仕入れて高い方で販売するだけでも、5,000円/月は充分達成可能になります。

もちろん、500時間という膨大な時間をかけなくても5,000円/月程度であれば充分可能で、知識ゼロの状態で最初から最後まで全て検索して進めていったとしても、10時間も必要ないと思います。

もちろん、慣れればもっと短時間(1〜2時間)で5,000円/月を達成できるようになるでしょう。

 

アフィリエイトだとしても、4ヶ月もの間、毎日記事を書き続けて5,000円/月以下しか稼げないというのは、これもよほどやり方を間違えない限りありえません。

さらにアフィリエイトの場合は、あなたが作った記事がそのままあなたの「資産」になりますので、1度5,000円/月稼げるようになると、その後の維持管理にほとんど労力をかけなくても、継続的にお金を運んできてくれるようになります。

 

もし、やり方を間違えずに週31時間×4ヶ月間、みっちり副業に取り組むことができれば、30万円〜100万円/月のステージまで射程圏内に入ってきますし、継続さえできれば副業は成功すると言っても過言ではありません。

参考記事:サラリーマンを続けながら副業はできるのか。

 

5,000円給料UPして35年間働いたとしても、210万円です。

ここを目指すのか、副業で毎月30万円〜100万円稼げるような知識とスキルを身につけるべきか、、、あなたには副業にチャレンジして、毎月30万円〜100万円稼げるような知識とスキルを身につけてほしいと思うのです。

 

このブログではサラリーマンが副業に取り組むときの心構えや注意点を解説していますので、ぜひあなたの収入を増やしていくための足がかりにしてください。